NEWS

全天候型ってホント⁉IP44のドローンの実力とは?

雨にも負けず風にも負けず、安定した飛行ができることが特長のAtlas®PRO。
でも、それはスペック上の話なのでは…と気になるところですよね。
2021年の日本上陸以降、悪天候のなかでも飛行してきたその実力を、「寒冷・降雪・降雨・高温強風」の各条件で飛行した実際の映像と共にご紹介いたします!

▼Atlas®PROの基本性能

 

① 寒冷
2022年1月29日 長野県北佐久郡(女神湖)
気温-1℃ 地上風1~2m/s
使用カメラ:KALOS(4Kカメラ)/DJI機からAtlas®PROを撮影

女神湖氷上レースを上空から撮影した映像です。
湖も凍るほどの寒さの中、気になるのはバッテリーの動作状況。

Atlas®PROを撮影するために使用したDJI機は、外気温が低すぎたため通常の半分程度の時間しか飛べませんでした。これに対してAtlas®PROは特段影響を受けず31分飛行を続け、着陸時にバッテリーが7%残っている状態でした(Atlas®PROの最大飛行時間は気温20°C・無風・フル充電時で32分とされています)。

またAtlas®PROのバッテリーには自動加熱機能が内蔵されており、バッテリーの温度が低い時は離陸してから自動で1~2分ホバリングし、バッテリーを温めます。一定以上温まると飛行を開始するので飛行時間にほとんど影響を与えません。

 

② 降雪
2022年2月23日 宮城県大郷町
気温-3℃ 地上風3~5 m/s
使用カメラ:KALOS(4Kカメラ)

降雪の中飛行しているAtlas®PROが撮影した映像です。
風に流されることなく、一点に留まりながら辺りを監視することができています。

Atlas®PROの動作温度は-20~+55℃と寒さに強い特長から、ノルウェーの山岳救助隊でも採用されています。

 

③ 降雨
2022年2月10日 千葉県木更津市
気温+2℃ 地上風4~5 m/s 降雨量1.5 mm/h
使用カメラ:KALOS(4Kカメラ)

雨が降っている中での、実際の飛行映像です。
安定した飛行はもちろんのこと、雨でカメラ映像が乱れることもありませんでした。

Atlas®はドローン、コントローラ(GCS)、カメラまですべて防塵・防水設計で、IP等級44の認証を受けています。

また、メーカーでは10 mm/h相当の降雨量のなか4時間の飛行を行うテストを実施。さらに、。機体とコントローラ(GCS)にホースで塩水を6時間かけるテストも実施して耐性を確認済みです。

 

④ 高温・強風
2022年8月31日 千葉県木更津市
最高気温32℃ 地上風6 m/s
使用カメラ:KALOS(4Kカメラ)/赤外線カメラ

この日の地上風は6 m/s程度でした。上空では10 m/s前後の風が吹いていたと思われ、4Kカメラの映像では0:30あたりで木々が大きく揺れ動いているのが分かります。
このような気象条件の下でも、Atlas®PROがスムーズに離陸する様子と撮影映像も強風の影響を受けずに安定していることをご覧いただけます。

また、赤外線カメラでは木々が赤く表示され、50℃を超える高温になっていることが分かります。
最高気温32℃と非常に温度の高い日でしたが、バッテリーの消費量は通常時に比べ変化はありませんでした。

いかがだったでしょうか?
Atlas®PROが正真正銘の「全天候型ドローン」だとお分かりいただけたと思います。
自然災害の発生時や緊急時に、どのような気象条件でも飛ばせるのがAtlas®PROの強みです。

ご興味のある方は、是非お気軽にお問合せください!

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

実証試験では飛行場所や飛行プランは、
しっかりとヒアリングさせて頂いた上でお客様のご要望に合うようご提案をさせて頂きます。

\お問い合わせはこちらから/
https://winggate.co.jp/atlas/atlas-contact

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

工事設計認証取得のお知らせ

この度、Atlas®製品に搭載される無線設備について電波法に基づく工事設計認証を取得致しましたのでご報告申し上げます。

▼Atlas®製品についてはこちらから
https://winggate.co.jp/atlas


Atlas®の無線設備の工事設計認証と技適一覧

 

■周波数:2486 MHzおよび2491 MHz
■空中線電力:1W

 

これまで、弊社が取り扱うAtlas Aerospace社の【Atlas®PRO(ドローン)】【Atlas®STATION(コントローラー)】【Atlas®RELAY(中継機)】を日本国内で使用する際、1台ずつ技適(技術基準適合証明)を取得していました。

 

しかしこの度、工事設計認証を取得したことにより毎回の技適申請が不要となり、一早くAtlas®製品を日本市場にお届けすることが出来るようになりました。

 

この認証は、Atlas®の無線設備の安全性、安定性、品質管理の一貫性を証明するものでもあります。

今後もお客様にご満足いただけるよう誠心誠意努めて参ります。

 

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

\お気軽にお問合せください/

https://winggate.co.jp/contact

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

ATLAS®及びNEST®の商標登録取得のお知らせ

この度、弊社とクリアパルス株式会社が共同出願しておりました「ATLAS」及び「NEST」について、特許庁より登録商標として正式に登録されましたのでご報告申し上げます。

 

【商標登録の概要】

■商標
ATLAS(アトラス)

■商標権者
クリアパルス株式会社

■登録番号
第2717766号の2

■登録日
※2023年6月29日に日産自動車株式会社からの商標権分割移転登録を申請。

■区分
第12類
ドローンを含む「航空機並びにその部品及び附属品」

 

【商標登録の概要】

■商標
NEST(ネスト)

■商標権者
株式会社WINGGATE
クリアパルス株式会社

■登録番号
第6670469号

■登録日
令和5年2月9日

■区分
第12類
ドローンを含む「航空機並びにその部品及び附属品」と「ドローン(おもちゃを除く。)の離着陸用ポート」

ATLASとNESTの名が皆さまのもとへと羽ばたき、様々なご要望にお応えできるドローンとして確固たる地位を得られるよう、いっそう努力して参ります。

 

今後も変わらぬご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

\Atlas®PRO×Atlas®NEST®についてはこちらから/
https://winggate.co.jp/atlas

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

夏季休業のお知らせ

誠に勝手ながら、弊社では下記の期間につきまして夏季休業とさせていただきます。
期間中はご不便ご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご了承くださいますよう お願い申し上げます。

 

夏季休業期間  :  2023年8月6日(土) ~ 8月12日(土)

 

初動対応で勝負!現場到着後2分以内に離陸できるドローン

これまでAtlasPROのトラッキングモードなど優れた機能面をお伝えしてまいりました。今回は少し視点を変えて、運用面で欠かせないAtlasPROの特長を
お伝えします。

それは「現場到着からたった2分で離陸ができてしまうこと」。

それでは早速、運搬から離陸までの流れを詳しくご紹介致します!

まずはじめに、実際にバックパックで機体を運び離陸するまでの動画をご覧ください。

いかがでしたでしょうか? このスムーズな動作を生み出す3つのポイントについて、順にご説明いたします。

①AtlasPRO専用バックパック

AtlasPROの持ち運びに使用するのは、専用バックパック。

外側は防水加工され、内側にはドローンの形に合わせたポリウレタンフォームが入っているので折りたたんだ機体を傷つけずに持ち運ぶことができます。ペイロードやバッテリーを機体につけたまま収納できるので、準備や片付けの時間が短縮できます。これに加えてバッテリー4本とAtlasRELAYやAtlasSTATION(GCS)を収納でき、A4ポケットには、飛行許可証などの書類を折らずに携帯できます。

飛行に必要なものはすべてこのバックの中に入ります。

これだけ大容量のバックパックですが、通常のバックと比較してみてもそこまで大きく違いはないように見受けられます。

(左)AtlasPRO専用バックパック  (右)私用のバック

②本体セットアップ

例えば災害が起きた時、AtlasPROの入った専用バックパックを背負って現場に急行します。

現場到着後、AtlasPROを置く水平な地面と機体が離陸できるスペースだけ確保すればすぐに組み立て始められます。

AtlasPROをバックパックから取り出します。収納されているときは左右のアームを折りたたんでいる状態なので、ここで2つのアームを広げます。

ペイロードカメラは、付いた状態でもバックパックに収納することができます。

ペイロードカメラが付いた状態で取り出す様子

 

離陸する場所に置き、AtlasPROの準備は完了です。

 

③離陸

AtlasPROの準備が整った後は、AtlasSTATION(GCS)でフライトプランを作成し、いよいよ離陸です。

AtlasPROに電源を入れると1分ほどでAtlasSTATIONとの通信が確立し、下の画面が表示されます。

高度や速度などについて設定をしたのち、フライトプランを作成します。

フライトプランは事前に作成することも出来ます。また、イレギュラーな時にそなえて即座にマニュアル操縦に切り替えることも可能です。

フライトプランは事前に作成することも出来ます。また、イレギュラーな時にそなえて即座にマニュアル操縦に切り替えることも可能です。

(ドローンポート説明会についてはこちらから。→国内最大級ドローン複合施設「ドローンフィールドKAWACHI」にてドローンポート説明会が開催されました
フライトプランをセットした後は、いよいよ離陸です。

離陸するには、上の画像の右下にある矢印を、上にスワイプするだけです。
以上が「持ち運びから離陸」までの一連の流れでした。

 

いかがだったでしょうか?
現場到着後たった2分で離陸できる、AtlasPROの初動対応力。

 

ご興味のある方は、是非お気軽にお問合せください!

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

 

実証試験では飛行場所や飛行プランは、しっかりとヒアリングさせて頂いた上でお客様のご要望に合うようご提案をさせて頂きます。

 

ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください!

\お問い合わせはこちらから/

https://winggate.co.jp/atlas/atlas-contact

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

機動力抜群!持ち運びできるドローンポート

シンプルな見た目のAtlasNEST。実は中にバッテリー交換用ロボットアームが内蔵されており、離着陸だけではなく、バッテリー交換もこの1台で出来てしまいます。多機能にも関わらずミニバンで運搬できるサイズなので、場所を限定せずに使用することができます。

この可搬性の高さとセットアップの簡易さを合わせもつAtlasNESTの機動力について、実際にAtlasNESTを使用した実証試験の様子と併せて詳しくご紹介いたします!

▼全自動離着陸・バッテリー交換の様子はこちらから

初公開!AtlasNEST全自動離着陸・バッテリー交換の様子

①大人2人で運べるサイズ

AtlasNESTの重さは90kg。ミニバンで目的の場所まで運搬し、大人2人で車から運び出すことができます。実際に運び出している映像をご覧ください。


運び出すのにかかった時間は、58.21秒。大人2人で1分かからずに運び出すことができました。(今回は万が一の為、1人見守りについています)

このように可搬性に優れている為、場所を限定せずに使用することができます。
車からAtlasNESTを運び出した後は、使用するのに特別な組み立ては必要ありません。

②簡単セットアップ

AtlasNESTのセットアップは、ケーブルを3つ接続するだけ。右から、NEST主電源・中継機RELAY・操作用PCです。

NESTの主電源は100V電源を使用します。屋内からの配線も可能ですが、写真のようにモバイルバッテリーを利用することで、NESTの機動力はさらに高まります。弊社のオペレーションチームはモバイルバッテリーへの充電にソーラーパネルを用いることでバッテリー残量への不安を減らし、丸1日実証試験を行うことのできる環境を整えています。

つづいて、GCSの準備を行います。と言っても、オペレーターが使用する操作用PCを置く簡易テーブルとイスを広げてしまえば完了です。

NESTの運搬と同じくセットアップも大人2人で対応できます。NESTはIP44設計・動作温度は-40℃~+55℃の為、雨の日でも暑い夏の日でも雪深い場所でも変わらずにその役目を果たすことができます。

③実証試験のご紹介

このように機動力抜群のAtlasNESTを使用した実証試験は、ご要望に合わせた場所に伺い行います。
試験の際にはモニターを設置し、皆様にAtlasPROやAtlasNESTについてご説明をするほか、オペレーターの操縦画面やカメラ映像をご覧いただけます。


プレゼンテーションでAtlasPROの使用方法を実際の機体を用いて説明している様子。

モニターの裏側にはコードリールとドラム巻きLANケーブルを備えています。これらを使用して、操縦画面(PC:下写真画面左)の映像を映し出します。

実証試験では飛行場所や飛行プランをしっかりとヒアリングさせて頂いた上でお客様のご要望に沿うようご提案をさせて頂きます。

ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください!

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

\お問い合わせはこちらから/

https://winggate.co.jp/atlas/atlas-contact

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

国内最大級ドローン複合施設「ドローンフィールドKAWACHI」にてドローンポート説明会が開催されました

令和5年4月21日に開催されたiROBOTICS主催「ドローンポート説明会」にAtlasNESTを出展いたしました。ご多忙の中ご来場頂きました皆様、誠にありがとうございました。
さて、こちらではドローンポートデモンストレーションの様子を一部ご紹介致します。

▼AtlasPRO×AtlasNESTの製品についてはこちらから
https://winggate.co.jp/atlas

最高気温26.7°の夏のような暑さでしたが、大勢の方にお越しいただきました。

今回の説明会では、Skydio Dock(株式会社ジャパン・インフラ・ウェイマーク)とDroneNest(合同会社SORABOT)も同時に別会場にてデモンストレーションを行いました。


トライコプター型ドローンAtlasPROの説明をしている様子

弊社が出展したのは、AtlasNEST(ドローンポート)とAtlasPRO(ドローン)です。
製品のご説明に加え、実際にAtlasNESTを使用した全自動離着陸のフライトや全自動バッテリー交換の様子をご覧いただきました。


AtlasNESTおよびAtlasPROをデスクトップ型GCSで操作している様子。

赤枠内のオペレーターのGCS画面をディスプレイに映し出し、実際の操作画面とフライトしているAtlasPROのカメラ映像をご覧頂きました。


ご覧頂いたGCS画面の一例

当日は強風の中のデモンストレーションでしたが、最大風速15.5m/sでの飛行が可能であるAtlasPROにとっては腕の見せどころ。安定した飛行を続ける様子に驚きの声も上がっていました。


AtlasPROが自動で着陸する様子。(デモンストレーション時、最大風速6.7m/s)

機体が自動飛行を行う間、オペレーターはGCS画面・目視にて機体を監視し、状況に応じてマニュアル操作へ切り替えて対応します。AtlasPROはAtlasNESTへ着陸した後、自動でポート内に格納されます。

格納後のポート内では、バッテリーの自動交換を行っています。
自動交換に必要な時間は、わずか3分です。

デモンストレーション終了後のアンケートでは、

「バッテリー交換⽅式で短時間で再稼働できるのは良いと思います。」
「正確な⾶⾏ルートは勿論の事、ポート内での⾃動バッテリ交換は画期的であった。」
「3ローターでの機体制御の特徴やバッテリー⾃動交換メカニズムはたいへん良かったです。」
などのお声を頂きました。

各社の強みや特徴、ドローンポートの魅力と未来を語り尽くした説明会。
ドローンを活用した新たなビジネスの発展に尽力して参ります。

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

\製品に関するご質問はこちらから/
https://winggate.co.jp/atlas/atlas-contact

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

【出展情報】iROBOTICS主催ドローンポート説明会

国内外のドローンポートのみを対象とした「iROBOTICS主催ドローンポート説明会」にAtlasNESTを出展いたします。

 

▼AtlasPRO×AtlasNESTの製品についてはこちらから
https://winggate.co.jp/atlas

 

日時      :2023年4月21日(金) 10:00~16:45〈雨天決行〉
※当日のタイムスケジュールは事前申込フォームにてご確認ください。

場所     :ドローンフィールドKA WACHI
〒300-1403 茨城県稲敷郡河内町金江津7501−2
https://goo.gl/maps/qbWQeZVULVYpQkia7

対象参加者  :ドローンポートに興味のある方、ドローンポートを検討している方
※各社出展者と商談中の方は、ご遠慮いただきます。同業他社のお申込みもご遠慮いただいております。

参加費用    :無料

事前予約制となりますので、下記事前申し込みフォームよりお申込みください。なお、参加者多数の場合には抽選となりますのでご了承ください。

出展者         :合同会社ソラボット、株式会社ジャパンインフラウェイマーク/Skydio、クリアパルス株式会社/株式会社WINGGATE

 

実際に、AtlasPROがAtlasNESTから全自動で飛び立つところをご覧いただけます。
ご興味がございましたら、下記フォームよりご予約をお願い致します。
皆さまのお越しをお待ちしております。

問い合わせ先        :アイ・ロボティクス我田 wagata@irobotics.co.jp

 

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

\ご参加申し込みはこちらから/

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSf1mBr5WnQsIqFp87K-21ls61eBb0TPku1WYGzkyCfSZ43EvA/viewform

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

 

 

新搭載!ターゲット・トラッキング機能-人と車の認識&追尾-

全自動防災ドローンとして様々な場面で活躍が期待されるAtlasPRO。
ただ上空から映像を撮影するだけではありません。
新たに追加された「ターゲット・トラッキング機能(人と車の認識&追尾機能)についてご紹介致します。

▼AtlasPRO×AtlasNESTの製品についてはこちらから
https://winggate.co.jp/atlas

 

■「ターゲット・トラッキング機能」(TARGET RECOGNITION)とは
AtlasPROが対象物(人・車)を認識し、その中からオペレーターが特定した対象物を同機搭載のカメラが自動で追尾する機能。対象物の特定も変更も、必要な操作はタップひとつのみ。

<認識できる対象物>
1:人
2:乗用車
3:トラック・バス

<対応ペイロード>
4KカメラKALOS 35/KALOS 120、20倍フルHDカメラ/ARGUS M20

 

■「ターゲット・トラッキング機能」の使い方

GCS画面の左下にある、青い車マークをタップすると対象物を認識することが可能になります。AtlasPROが飛行中でも、ON/OFFの切り替えができます。

認識できた対象物(人・車)を自動で赤枠表示します。車が動いていても、対象物として認識することができます。

追尾したい車をタップすると、赤枠→緑枠に変わります。あとは、AtlasPROのカメラがアングルを自動で変えて車を追尾してくれます。

画面の中央に来るようカメラの向きを自動で調整してカメラで追尾することができます。
また、左下には、ターゲットを追尾している画面の中心部の緯度・経度が表示されます。

安全性を重視し、ドローン本体が対象物を追うのではなく、カメラのみが対象を追尾するよう設計されています。もちろん、追尾中にドローンを操縦して位置や高度を変えることも可能です。

実際の動画をご覧ください。

 

■ターゲット・トラッキング機能の活躍が想定される場面

・工場や施設の監視・警備
・遭難者の救助活動
・災害時の状況把握

工場や施設の警備であれば、あらかじめ巡回ルートを設定し、自動フライト中に不審な車や人物を発見したらこの「ターゲット・トラッキング機能」を使って追跡できます。

災害派遣では、被災者を探すのみならず、捜索・救助隊が移動する様子をドローンで追いながら災害状況を把握するのにも役立つでしょう。

さらに、ドローンポートAtlasNESTとあわせて使用すれば、24時間体制での監視や捜索活動が可能となります。

 

難しい操作は必要なく、飛行可能なAtlasPRO。
今回ご紹介したターゲット&トラッキング機能はもちろん、AtlasPROについての詳細につきましては弊社HPよりお気軽にご連絡くださいませ。

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

\お問い合わせはこちらから/

 https://winggate.co.jp/atlas/atlas-contact

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■